« 「WOWOWオンライン」のTwitterでつぶやかれている新着ページ21〜40件目表示 | トップページ | Orobiancoオロビアンコブリーフケース »

2013年8月 1日 (木)

『ソーシャルメディアマーケティング』ソフトバンククリエイティブ出版のお知らせ

『ソーシャルメディアマーケティング』ソフトバンククリエイティブ出版のお知らせ ソーシャルメディアマーケティングを行っていくクリエイティブユニット「オガワカズヒロ」としての初の共著書だが、書名は、ずばり、『ソーシャルメディアマーケティング』。臆面もないと思われるかもしれないが(笑)ネーミングは重要だ。僕の『Web2.0Book』が売れたのは名前がよかったからだ、誰よりも速くWeb2.0を書名に加えたからこそ、ロレックスコピー”本物”として扱ってもらえた僕たちの『ソーシャルメディアマーケティング』は、他の人たちと大きく解釈が異なっているかもしれない。出版はソフトバンククリエイティブだが、編集者である織茂さんもこの本のユニークさに「売れるのか売れないのかよく分からないけど、オリジナルであることは間違いない」というような感想を述べてくれている僕たちの解釈では、マーケティングとは利害衝突する企業間の戦争だ。直接的な戦闘もあれば、敵対している思われた競合同士が提携を結ぶことによって第三の敵との戦いに挑むこともある映画レッドクリフでは魏(曹操)を破った蜀(孔明)と呉(周瑜)は美しい友情を育むが、後日 両国の利害は対立して敵国同士となる。AppleとGoogleは非常な友好関係を育んできたが、MSやYahoo!あるいはNOKIA(などのモバイル企業群)がこれ以上弱体化すれば、両者の関係はどうなるか分からない。戦争は戦闘と和解の繰り返しであり、マーケティングもまたシェアを奪い合うか、共通の敵に向かうために提携をするかの繰り返しであるWBS2.0改めSDO Vol.2 のお知らせ メガSNSの足下を抜け!ニュータイプのSNSが勢力図を塗り替えるネット選挙解禁に向けてw 春香クリスティーンちゃん始動 ガガ様も愛用のイタリアンラグジュアリーウォッチのSNS公開 エイベックス所属の東京女子流の専用SNSの内訳 Facebookが捨てた”排他性”を拾うのは誰?ウブロコピー 多くの人の心を癒し、心をつなぐソーシャルネットワークサービスを目指すエミリオ・プッチが独自SNS Facebookは巨大ブランドの憂鬱を解消できるか? 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立 単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。スーパーコピー時計ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17) ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う 上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

« 「WOWOWオンライン」のTwitterでつぶやかれている新着ページ21〜40件目表示 | トップページ | Orobiancoオロビアンコブリーフケース »